top of page

従業員のウェルネス・リーダーシップ研修・経営幹部の育成に必要なアプローチとは?



チームビルディング、マネジメントスキルのトレーニング、経営幹部育成など、現在に至るまで試行錯誤を繰り返した典型的な人材育成のアプローチは確かに成果を上げてきました。しかし、状況が刻々と変化する現代において、果たして今までのアプローチのみで問題に正しく取り組み、必要なスキルを磨くことができるでしょうか? テクノロジーの進化は、自由や効率だけでなく、ソーシャルメディアへの依存や、人とのつながりが希薄になるなど、さまざまな新しい問題をもたらしており、それに対し個人や企業はしかるべき対応が必要です。


まず、変化の激しい環境の中で、従業員・リーダーといった主要なステークホルダーが何を求めているのかを見てみましょう


従業員は、新しい仕事の不確実性、多くの人が従来のオフィスからリモートワークへの移行し、完全または部分的に自宅で仕事をすることによる新たなストレスに直面しています。これらの変化に対処するためには、精神的・肉体的な強さと回復力、「本当の」つながりを持つ機会、そしてマネージャーやリーダーの指導と理解が必要です。


自宅にリモートワークに適した椅子や設備がないといった最も日常的な問題から、同僚との日常的なコミュニケーションの欠如による孤独や孤立感といったより複雑な問題についてまでも従業員に重くのしかかり、その結果、深刻な事態を招く可能性があります。 生産性の低下やモチベーションの低下は、欠勤や病欠の増加、離職や長期障害など、肉体的・精神的な不調につながる可能性があります。


リーダーについては、特に危機や激変の時代には、集中力、共感力、批判的思考、分析的意思決定を必要とします。 残念ながら、これらのスキルは、ストレスに直面したときには失われてしまいます。 ストレスにさらされた脳はサバイバルモードに戻ってしまいます。息切れし、体が硬直し、切迫感が高まり、古いパターンに陥り、異なる検討したり、他の視点に耳を傾けたりする能力が低下します。このような状況は、リーダーとその会社にとって、最悪のタイミングで最悪の結果をもたらす可能性があります。


しかし、しかるべき方法で適切なスキルを身につけることで、適切な問題に取り組むことができるのです。


社員の心身を鍛えるためには、ヨガや瞑想が不可欠であることが研究で証明されています。 体を鍛えるのと同じように、心を鍛えるには、シンプルな練習を繰り返し行うことが必要です。そして、体を鍛えることで心も鍛えられます。 体が丈夫で楽になれば、心は首や腰の痛み、消化器系の問題、疲れやだるさなど、健康でない人を悩ませる病気以外のこと、本来取り組むべき仕事などに気持ちを向けることができます。


集中力、共感力、批判的思考、分析的意思決定を必要とするリーダーには、瞑想やマインドフルネスの実践が効果的であることが研究で証明されています。 心を集中させるシンプルな瞑想的呼吸法を行うことで時間の余裕を与え、周囲のストレスから自分を切り離す小さな心の余白を与えてくれます。 そうすることで、状況から自分を切り離す力が養われ、人の話を聞いたり、選択肢を検討したりすることができるようになるのです。 少し俯瞰した視点で話を聞く能力は、リーダーの助けになるだけでなく、周囲の人がリーダーに求める共感性と密接に関係しています。 従業員に注意を払う余裕のあるリーダーは、リモートワークの孤立感や不確実性、変化が従業員に悪影響を与えていることに気づきやすくなります。授業印を守るためにも、このようなリーダーをこれからは育てる必要があるのです。


今こそ、トレーニングに対する異なるアプローチを取り入れる時です。今しかないのです。


===

従業員やリーダー向けの瞑想、マインドフルネス、ウェルネスの企業向けのコースについてお問い合わせは info@manthan-wellness.com までお願いします。

===





Commentaires


bottom of page