【SEEDS OF YOGA】教えはすべて私たちの周囲にある




自分自身をより理解するヒントは私たちの周りにあります。あなたは誰に目を向けますか?


現実の本質について理解を深めるため、私はリチャード・ファインマン(きっかけをくれたチャック・ミラーに感謝!)やジョン・グリビンのような量子物理学者に目を向けています。また神経科学者は、MRIを使用して瞑想の前と後の脳の変化から神経可塑性(ニューロプラスティシティ)、つまり脳を継続して形作る能力が本物であると証明しています。行動するということは脳の機能的および構造的変化を起こすための主要な要素です。だから「abhyasa」「abhyasa」「abhyasa」(練習、練習、練習!)が大切なのです!


次に、解剖学者、生化学者、生理学者、遺伝学者、アーユルヴェーダの医師、その他の専門家が、骨や体、体の構造がみな同じではないことを教えてくれています。


一方、老子や鈴木俊隆のような哲学者は、真の理解は論理や説明に反し、理解への道の前提条件は「初心」であると説き、「初心者の心」が大切と伝えています。



例えばボーカルトレーニングと歌の世界の教えはどうでしょう?シェリルポーターのような熟練した先生は、呼吸のコントロール、共鳴、ピッチなどの様々なトピックについての教えがたくさんあります。もし、皆さんがマントラを唱えたり、祈りの歌に興味があれば、これらの教えは宝の山となるでしょう。


そして最後に、おそらく最も明らかな教えは私たちの周りの人々からもたらされます。直接的にも間接的にも、私たちは周りの人々に影響を受けることがたくさんあるのです。周りの人の言葉や行動(そして動かないことも!)を通して、私たちはより良い生き方を学ぶ機会があります。レモンの果汁で衣服の染みを取りといった簡単な日常のヒントから、オンラインまたは電話の「オレオレ詐欺」を見つける方法まで。周りの世界はたくさんのアイデアを提供してくれます!


ですから、禅の師たちが伝えるように、自分自身の容器を空っぽにして、周囲の良い教えを受け入れましょう。

自分自身をより理解するためのヒントは私たちの周りにあります。


あなたは誰に目を向けますか?


Maneesh