【SEEDS OF YOGA】 天気は天気、ただそういうもの


「今日はいい天気だね」こんな言葉が交わされるのは東京の寒い冬の朝、かすかな雲の切れ間から明るい太陽が降り注ぐときです。


そして街中でも「お天気がいいですね」と、通りすがりの人がマスクの下に笑顔と目を輝かせて挨拶しているのを聞いたりもします。


しかし天気はただの天気。天候には、良いものと悪いものという判断はありません。 ただ、そういうものです。

くもりや雨の日は「天気が悪い」とか、ひどい天気などと表現されることがあります。


または、心を静かに、落ち着かせ、洗い流し、生まれかえるものとみなされることもあります。スローダウンして心のざわめきを鎮めるのに最適な時です。

雪の日は、雪によって予定が変更されたり、電車やバスの交通機関が乱れ、行動が遅くなるなど、不便なものだととらえることがあります。


または、この自然の驚異、ユニークで美しく、複雑でありながらもろく、つかの間の存在であるものの象徴として心を開くこともできます。


天気は天気。人生は人生。どうとらえるかはあなた次第。